二の腕を引き締める為のグッズ

 

「二の腕をスッキリさせるには、エクササイズをすればいいのは分かっているけれど、現実にはなかなか無理」という人もいるでしょう。

 

もともとエクササイズにはなじんでいない人、面倒くさがりの人、時間の取れない人……などなど。

 

こういった人にも試してもらいたいような、痩身グッズがいくつも出ています。

 

通販番組などでもおなじみで、類似の商品がいくつも出ているのが、EMSと呼ばれるものです。

 

スポーツ選手などがおなかにベルトを巻き付け、「トレーニングを何分したのと、同じ効果が出ます」なんてナレーションが流れるCMを見たことがあるでしょう?

 

微弱な電流を筋肉に流し、ごく短いサイクルでオンとオフを繰り返すものです。これで筋肉が収縮と弛緩(しかん)を繰り返し、運動したのと同じ効果になるのです。

 

これらEMSの中には特に二の腕に巻くことができるようになっているものもあります。あるいは手に持って、その部分に当てるタイプのものならば、もう片方の手で使えば二の腕にも問題はありません。

 

また、美顔ローラーの二の腕バージョン。顔の上をコロコロするだけで、あごのラインなどがスッキリするグッズを見たことがあるでしょう。一時は大ブームでした。これも特に二の腕に向いた形になっているものがあるのです。

 

テレビでも見ながら、使えます。気が付くと癖になっているかもしれません。

 

また、二の腕にはめるだけで、引き締め効果が発揮される、というサポーターもあります。これなどは「忘れているうちに、効果が出ている」という典型でしょう。

 

温めると脚が細くなるって本当?

 

 

脚が太くてお悩みの人はまずは、太ももでもふくらはぎでも自分の脚を触ってみましょう。

 

健康な状態ならば少し温かいように感じるはずです。

 

ちょっと温度が低いように感じるならば、要注意です。リンパや血液の流れが悪くなっていて、それが原因で脚に余分な脂肪がついている可能性があります。

 

脚はどうしても血液の流れなどが悪くなります。

 

まず、体の下の方にありますので、どうしても重力のせいで血液やらリンパやら老廃物がたまってしまうのです。

 

さらに心臓から遠いことも影響しています。心臓から圧力を加えて送り出された血液も、ここに来るまでに勢いがなくなっているのです。

 

となると、老廃物などを追い出せません。これがこの場に居ついてしまい、やがては体脂肪となってしまうのです。

 

体脂肪は使わなかった血液中の脂肪や、細胞の活動の結果できた老廃物などが結びついてできてしまいます。さらに放っておくと、セルライトにまで行ってしまうかもしれません。

 

ここまで来てしまうと、手遅れでもはや結構の改善だけでは効果が望めなくなってしまいます。

 

そうなる前に、血行の改善を図りましょう。体がぽかぽかするような食べ物をとるのもいいでしょう。後はマッサージなどなど。

 

が、最も直接的な方法としては脚を温めてやることです。普段の生活の中でも脚が温かくなるように気を付けましょう。

 

衣服で工夫をすることもあれば、入浴などもあるでしょう。

 

あるいは足湯。ぽかぽかと気持ちがいいだけではなく、脚痩せにもいいんですよ。

 

骨盤が歪んでいるかどうやってチェックする?

 

 

骨盤の歪みは、腰痛はもちろんのこと、頭痛、血行障害、肥満なども引き起こします。

 

また、厄介なことに、かなりの重症になっていても、自分では全く意識していないことも多いのです。

 

頭痛などに悩んでいて、あらゆる対策をしても治らず、あれこれ無駄な時間と労力を使ったあとで、ようやく骨盤の歪みに目が行く……といったことも多いようです。

 

骨盤の歪みを正確に把握するには、整体師などの専門家に見てもらったほうがいいでしょう。ここではとりあえず自分でできるといった方法をご紹介しましょう。

 

@靴底

 

左右のうちのどちらかの減りが早い……同じ側の中でも、かかとやつま先だけ、右や左だけ……とったことがあると、すでにかなり進行していると考えていいでしょう。

 

A左右の肩の高さが違う

 

シャツ一枚ぐらいになって、大きな鏡の前に立ってみましょう。骨盤が歪んでいると、左右の高さが違うことがあります。もし、自分では難しいようならば、だれかに見てもらいましょう。

 

B足の裏が「ハ」の字形にならない

 

これはおしりをつけて座り、まっすぐに脚を伸ばします。その足の裏を見るのです。

 

左右の角度がそろった「ハ」の字形になるのが理想的です。が、どちらかが開いていたり、すぼまっていたりするならば、骨盤の歪みを疑ってみていいでしょう。また、つま先が両方共横を向いてしまうとか、内側を向いてしまう時も問題がありそうです。

 

これら以外には、ウエストのくびれの左右の偏り……ネックレスがいつの間にか左右にずれる……といったことでも確認できます。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る